×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


「めざせ憲法の達人!」のトップページ>まだ始めたばかりの方



まだ始めたばかりの方



これから行政書士なり、公務員なりをめざそうという方には、いろいろな方がいると思います。 学生の方もいれば、社会人の方、主婦の方もいると思います。それぞれ時間の使い方が違うと思います。 学生の方はわりと時間の自由がきくかもしれません。社会人の方は平日はなかなか自由な時間はないでしょうね。 主婦の方は平日の昼間は自由がきくかもしれません。いろいろだと思います。 それぞれ自由がきく時間をうまく使って、勉強を進めていく必要があります。

また、それぞれにあった勉強方法というのがあります。学校で講義を聴くのが自分にあっている方もいれば、 自分で本を読んだりして独学があっているという方もいることと思います。


↓こちらも参考になると思います。
法律の勉強って?


独学でやろうという方


独学と言っても、全く何もない状態ではないですよね。つまり、本や参考書といったものは最低限必要ですよね。 ここで言う独学とは、「いわゆる専門学校に通わない」という勉強方法を指すものとします。

この場合でも、さらにいろいろなやり方に分かれると思います。市販されている本だけで勉強しようという方、 通信講座を受講しようという方、大きくこの二つに分かれると思います。
どちらにしても、これらの場合、自分で毎日コツコツと勉強の機会を作ることが必要です。 「今日は疲れたからいいや」ではなくて、「今日は疲れたけど、ここまでやろう」という積み重ねです。 やはり、強制の契機がありませんから、ある程度強い意思が必要だと思います。 専門学校へ通う場合には、少なくとも講義を聴いている間は試験科目にふれているわけです。 そこが独学の方との大きな違いです。
但し、独学は自分のペースで出来ますし、また、専門学校への通学時間などもありませんから、 その時間を有効に使うことも可能です。先へ先へと進むことも可能です。

しかし、通信講座を受講されているような場合はまだよいのですが、市販の本だけで勉強しようという場合、 わからない箇所が出てきた時どうするか、という問題があります。これが一番大きい問題だと思います。 わからない箇所が出てきたときに、いつまででも考えていると時間だけが過ぎていきます。 このような時に、誰かに聞くことができれば、時間の短縮にもなります。受験仲間をつくることによって、 お互いに励ましあい、教えあうなどして助けあえれば、非常に有益です。なかなか見つけにくいかもしれませんが、 会社や大学などの同僚や友人で宅建を目指している方を、早い段階で見つけておくとよいと思います。

いずれにしても、長所もあれば短所もあります。学校に通いたくても、近くになければ通いようがありません。 仕事が忙しくて通えないという方もいらっしゃることでしょう。こういった方々は独学ということになるかもしれません。
私は、学校に通うか否かではなく、毎日コツコツと積み重ねていけば合格できると思っています。 専門学校へ通う場合でも、きちんと講義に出席し、講義を聴いて復習しなければ意味がありません。 毎日の積み重ねという意味では、独学も専門学校も変わらないと思います。



専門学校へ通おうと思っている方


専門学校はその道のプロの方が教えて下さいますので、受験ということを考えた場合、有益であると思います。 やはり教え方は上手いと思います。また、いろいろな最新の情報なども提供してくれると思いますので、 情報に疎くなることもないでしょう。それに、わからない箇所があるときに、講師の方にすぐに質問できます。 さらに受験仲間ができれば、お互いにいい刺激を与え合うこともできるでしょう。

こう書いてきますと、専門学校に通うことはいいことだらけで、通わないと合格できないのではないかと 思ってしまう方もいるかもしれません。

そんなことはありません。まず、通うとなると、そこまでも通学時間がかかります。 自宅や勤務先等の近くにあればよいのですが、あまり通うのに時間がかかるのは考えものだと思います。 また、勉強仲間ができるのはよいのですが、勉強仲間が遊び仲間になってしまっては、元も子もありません。 さらに、なんと言ってもお金がかかります。

このように一長一短です。通うことが目的になってしまって、しっかりと復習をしなければ、 学校の意義も半減してしまいます。こういったことを考え合わせて、自分はやはり専門学校に通うのが ベストだと思ったときに、通うのがいいのではないかと思います。
その際、学校を選ぶときの基準としては、何があるでしょうか。自宅から近いとか、 通勤途中にあるので帰宅するときに通うことが出来るというような場所を重視する方もいることでしょう。 値段も大きな要素だと思います。
私が思うには、一番大きい要素は、講師の方との相性だと思います。例えば、中学時代などに、 社会の教師が好きだから社会が好きになったというような方もいらっしゃることと思います。それと似た感覚です。
ですから、まず、無料の開講講座に出席してみて、担当講師の方のお話を聞いてみるのがいいのではないかと思います。

また、学生の方で、通っている大学に行政書士試験講座や公務員講座などの各試験講座が開講されている場合には、 それを利用するのも有益だと思います。普段から通う場所なわけですから、わざわざ移動する必要もありませんし、 お金なども安く済むのではないかと思います。


無断転載・転送を禁じます。


[トップページへ戻る]

Copyright(C)2004 後藤行政書士事務所 All Rights Reserved.