×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


「めざせ憲法の達人!」のトップページ>模試の受け方



模試の受け方





模擬試験を受けるのは、ほとんどの方が直前期とい うことになると思います。行政書士試験は10月に行われますから、8〜9月あたり ということになるでしょうか。公務員試験を受ける方の場合は、どの試験を受けるか にもよりますが、早ければ3月頃かと思います。私は、模擬試験を受けること自体に は、それなりの意義があると思います。

まず、どこかの会場で受ける場合、本試験と同様にきちんと時間を計って、しかも同 じ時間帯に、さらに回りに他人がいる中で受けるわけですから、本試験と同じような 状況を経験できることになります。ですから、問題を解く際の時間配分の練習になり ますし、模試とは言え、雰囲気を味わうことも出来ます。普段、家で勉強しているよ うな場合、隣に人はいませんが、試験ともなればそうはいきません。やはり模擬試験 で、慣れておくといいと思います。

また、その時に受験生全体の中における自分の位置がわかります。自分は受験生の中 で何番目あたりにいるのかは、とりわけ独学の場合にはなかなか知りえません。模擬 試験を受けることによって、それがわかることになります。

さらに、おそらく本試験でもそうですが、模擬試験においても見たこともないような 問題が出題されると思います。そのような問題にあたったときに、いかに切り抜ける かということを、模擬試験の場で練習しておきましょう。このようなことは、頭でわ かっていても、実際の試験の場で出来るとは限りません。むしろ緊張のあまり、出来 ない場合も多いのではないかと思います。模擬試験の時に、練習しておいたほうがい いでしょう。

それから、試験を受け終わってから、きちんと復習しましょう。復習が大事だと思い ます。せっかく、直前期に貴重な時間を使って受けに行くわけです。きちんと復習し て、出来なかった問題もしっかりと自分のものにしましょう。過去問頻出論点の問題 を間違えてしまった場合には、とりわけ一生懸命復習しましょう。また、自分はどの 分野の問題に弱いか、どういう出題形式の問題を間違えているか、というようなこと も、合わせてチェックできたらいいと思います。さらには、わからない問題をどうやっ て切り抜けたのか、パニックになっていなかったか、こういったこともきちんと復習 しましょう。パニックになると、その問題を間違えるだけでなく、頭に血が上ってし まい、簡単な問題も間違えてしまいがちです。自分はそうならなかったかどうかも、 復習の段階で確認しておきましょう。

近くに模擬試験の会場がないとか、その会場に行くまで時間がかかるという方も、い らっしゃると思います。そのような方には、通信講座の模擬試験や市販されている模 擬試験などを、お薦めします。

その際、きちんと時間を計って問題を解いて下さいね。そうしないと意味がありませ ん。

このとき、ご自宅で解くのもいいですが、図書館などを利用することをお薦めします。 普段と異なる環境でも自分の実力を発揮できるか、確認しておくとよいと思います。 それに家と違って回りに誰かがいることによって、それが気になることもあります。 そのような事態にも慣れておく必要があります。

もし、模擬試験の結果が悪かったとしても、気にしないことです。言葉は悪いかもし れませんが、しょせん模擬試験です。大切なのは本試験です。自分の弱点がわかった、 苦手な分野がわかったぐらいに考えて、弱点克服に励んだほうがいいと思います。お 金や時間を費やして、模擬試験を受けるわけです。有意義なものにしてほしいと思い ます。


無断転載・転送を禁じます。


[トップページへ戻る]

Copyright(C)2004 後藤行政書士事務所 All Rights Reserved.