×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


「めざせ憲法の達人!」のトップページ>小売市場判決



小売市場判決





小売市場判決という有名な判決があります。憲法を学ぶ上で、欠かせない判決です。 公務員試験においても、行政書士試験においても、いずれの試験を受ける上でも重要 な判決です。

まず、小売商業調整特別措置法という法律があります。この法律によりますと、小売 市場を開設するための許可をなす条件として、既存の市場からある一定の距離をとっ て離れていることが必要である旨、定められています。簡単に言えば、A市場から一 定の距離を離れなければ、B市場を開設することが出来ないわけです。

この距離規制が、職業選択の自由に対する不当な侵害ではないかとして、争われまし た。

小売市場判決抜粋(最裁昭47.11.22)
「個人の経済的活動に関する限り、・・・これに一定の合理的規制措置を講ずること は、もともと憲法が予定し、かつ許容するところ」
「社会経済の分野において、法的規制措置を講ずる必要があるかどうか、その必要が あるとしても、どのような対象についてどのような手段・態様の規制措置が適切妥当 であるかは、主として立法政策の問題として、立法府の裁量的判断にまつ」
「ただ、立法府がその裁量を逸脱し、当該法的規制措置が著しく不合理であることの 明白である場合に限って、これを違憲としてその効力を否定することができる」
「小売市場の許可規制は、国が社会経済の調和的発展を企図するという観点から中小 企業保護政策の一方策としてとった措置ということができ、その目的において一応の 合理性を認めることができないわけではなく、またその規制の手段・態様において も、それが著しく不合理であることが明白であるとは認められない」

判決は、社会経済の分野における規制については、積極目的の規制と消極目的の規制 とを区別し、積極目的の規制については、いわゆる明白性の原則が当てはまる、とし ています。そして、小売市場の許可規制については、積極目的の規制であり、明白性 の原則に当てはめてみると、著しく不合理ではなく合憲と判決を下しています。

この判決については、覚えておいたほうがいいです。というよりも覚えるべきでしょ う。公務員試験、行政書士試験のいずれの受験生にとっても重要です。覚えるポイン トとしては、小売市場の許可規制が積極規制であり、明白性の原則に違反せず、合憲 である、という点です。


無断転載・転送を禁じます。


[トップページへ戻る]

Copyright(C)2004 後藤行政書士事務所 All Rights Reserved.