×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


「めざせ憲法の達人!」のトップページ>表現の自由3



表現の自由3






表現の自由と同じ条文に、集会、結社の自由が規定されています。この「集会、結 社」も実はけっこう重要です。

それぞれどういうものかということについては、いまさらいいですよね!?

集会というのは、多数の人が共通の目的をもって一定の場所に集まることです。他 方、結社というのは、多数の人が共通の目的をもって継続的に結合することです。集 会が一時的な集まりであるのに対し、結社は継続的である点が異なります。

あまり出題頻度は高くないようなので、深くは取り上げませんが、基本的な箇所をい くつか押さえておきましょう。


まず、集団行動の自由です。集団行動というのは、簡単に言えばデモ行進です。皆さ んも街中で見かけることがあるかと思います。メーデーなどではよく見られますね。 あれです。

この集団行動の自由というのは、直接的には憲法に明文規定があるわけではありませ ん。

しかし、この集団行動の自由というのは、憲法で保障されていると考えられていま す。

というのも、現代社会においては、個々人が自己の意思を表明することはなかなか困 難な状況となっています。つまりなかなか情報の送り手側に立つことが難しい状況と なっています。このような中、集団で行進することは、自分たちの意思を表明するこ とができる数少ない機会ということができるのです。やはりそのような機会を保障す る必要があるわけです。

それに、集団行進は、「動く集会」ということも出来ます。集会の自由が保障されて いる以上、動く集会である集団行進の自由も保障されているというわけです。


結社の自由についても、一つ押さえておきましょう。

統治のところで、政党というものが出てきます。自由民主党や民主党など、日本にも 政党がありますね。あの政党というのは、この結社の自由が保障されていることに よって、認められているものと考えられています。換言すれば、政党というものは、 結社の自由の一つの現れだということが出来るでしょう。

細かいことは押さえる必要はないかと思いますが、政党の合憲性の理由として、結社 の自由が認められているということは、押さえておきましょう。


無断転載・転送を禁じます。


[トップページへ戻る]

Copyright(C)2004 後藤行政書士事務所 All Rights Reserved.